ヴィンテージ・ハワイなコト&モノ
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
RECOMMEND
魅惑のティキ・ルーム
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

当店は日本全国のハワイアナ好きの方にご利用いただいております。そんな中のおひとり、杉並区在住のT氏宅をご紹介します。

コレ、個人の方のお宅です。初めて伺ったとき、ビックリいたしました。まさに、「魅惑のティキ・ルーム」。アメリカ人的な感覚をお持ちの方なんだと思います。所狭しとヴィンテージのお宝が並び、ディスプレイも大変うまくまとめています。

今度、お店のディスプレイもお願いしてみようかな?

written by GoodFun ヴィンテージ・インテリア雑貨とハワイアナ・コレクティブルのショップ ハワイアンアンティーク フラドール フラヘッド フラバスト メネフネ プリモビール ウクレレ チキ サンバーストクロック ポスター ミッドセンチュリー tiki 50's 60's menehune
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Trader Vic's
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

ハワイアナ&ティキ好きの興味をそそる格好良いティキバーやハワイ系レストランって、日本国内には非常に少ないような気がします。個人的にしいて挙げるならば、ホテルニューオータニの「トレーダーヴィックス」くらいかも。

正式には「インターナショナル料理」というくくりなんですが、分かりやすく言うと、アメリカ人が想像するハワイ&ポリネシア・テイストの食事やドリンクを提供しているレストラン。ハワイアナ収集物においてもヴィンテージのトレーダーヴィックス・アイテム(マグや陶器系グッズ)は王道中の王道。店内で提供される食事やドリンクにささったメネフネ・スティックやメネフネ・カップル人形なんかもよく目にします。本場アメリカのトレーダーヴィックスじゃあ、今でもこんなの(写真左)が買えるらしい。マイタイ・パーティーset!?鼻血モンですね。おそらく日本への発送はやってないんじゃないかな・・・。参考までに右は昔のビバリーヒルズ店イラスト。かっちょエエ・・・。

ちなみにココんちは高級店なので、値段もそれなりに張りますしドレスコードもあります。ビシっと決めてお出かけくださいませ。

written by GoodFun ヴィンテージ・インテリア雑貨とハワイアナ・コレクティブルのショップ ハワイアンアンティーク チキ フラドール フラヘッド フラバスト プリモビール サンバーストクロック
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ゆるゆるテーマパーク
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

ドール・プランテーションはあまりにも有名。オアフ島観光のハイライトのひとつ。そのドールに隣接するようにひっそりとたたずむHelemano Plantationはご存知でしょうか?ドール正面向かって左バス駐車場奥にあります。




なんともアロハなかわいいサインが目印。入り口から敷地内を進むと巨大パイナップルが現れます。ここで記念撮影を「パチリ!」はお約束。




お腹が空いたら「パンー屋」でお食事。お土産は「田舎店」でどうぞ!「パンー屋」じゃなくて「パーン屋」のほうが音的には良いかも。かわいいローカル坊やがお出迎え。知り合いの古着屋スギムラさんにそっくり・・・。




他にもパイナップル小屋やニッパハウスなんかもあります。旅の思い出写真がたくさん撮れますね。

なんともユルユルで手作り感あふれるテーマパーク。2007年の今、観光地の王道ハワイにもこんな心温まるところがあったとは。ハワイは奥深い。

written by GoodFun ヴィンテージ・インテリア&ハワイアナ・コレクティブルのショップ
comments(0) | - | PAGE TOP↑
言葉にならない
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

友達のハワイアナ・ディーラー(コレクター)の倉庫と自宅にお邪魔しましたが、すごいことになっています。

倉庫はヴィンテージのラタン家具で埋め尽くされ、自宅はヴィンテージ・ボードと大人なハワイアナ・コレクションがごっそり!これ、ぜーんぶヴィンテージですよ。港の倉庫じゃありません。自宅のワンフロアは、コアウッド製モンキー・ポッド、サーフ・トロフィー、フラ・バストを始め、本でしか見たことないお宝で埋め尽くされています。転売目的というより好きだからひたすら集めてるご様子。トイレへ行った隙に・・・と頭を過ぎりましたが理性で抑えました。

住宅事情もあるのでしょうが、アメリカ人のハワイアナ・コレクターは年季と気合が違います。
comments(2) | - | PAGE TOP↑
至極のTIKIルーム
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

キング・オブ・ロックンロールの異名を持つ故エルビス・プレスリー。彼が住んでいた豪邸、グレースランドにはとんでもない部屋が存在します。

その名も「ジャングル・ルーム」。名前のとおりジャングルをイメージしたのでしょう。ネーミングはともかく、なんとこの部屋の家具はほとんどが60年代に人気があったWitco社製(Western International Trading Company)。チェーンソーで木を加工して家具やインテリアを作る会社で、ティキ・アートやアフリカン・アートから影響を受けているであろう作品を数多く世に出していました。

一般的なTIKIアートとは違いますが、格好良いのでOK。ストライクゾーンです。一度は見に行かなければいけません、魅惑のジャングル・ルーム。
comments(0) | - | PAGE TOP↑
International Market Place
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

ワイキキのど真ん中、カラカウア通り沿いに突如としてジャングルが現れる場所があります。その名もインターナショナル・マーケット・プレイス。ワイキキに滞在されたことのある方なら、入らずとも必ず通り過ぎたことがあるはず。

1950年代に撮られた写真です。今とほとんど変らないたたずまいなのですが、なぜだか情緒があるように見えてなりません。当時は観光にかかせないマストなスポットだったんでしょう。ショッピングのほか、ダンスやレイメイキング、そしてカラーでの写真撮影が行われていたようです。当時、カラーでの写真撮影は観光の目玉だったんでしょうね。当時のパンフレットもかわいいです。

今となっては、ちょっとチープな印象を受けるギフト・ショップが軒を連ね、華やかさに欠ける感があります。いっそのこと「リトル・ポリネシア文化センター」化してしまい、もっとコテコテなハワイのイメージを前面に打ち出していっても良いのでは。

comments(0) | - | PAGE TOP↑
Old Waikiki
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

観光客で賑わうワイキキは、かつて田んぼでした。

1910年頃の写真です。撮影場所は、おそらくマッカリーSTとキングSTが交差する周辺。タロやお米を収穫していたようです。田んぼのど真ん中にやしの木が一本そびえ立ち、田んぼの向こう側にはまばらに広がる人家、そして今と全く同じ形をしたダイヤモンドヘッド。なんとも郷愁をそそる牧歌的な風景です。

たった100年弱で、こうも変ってしまうものだと感慨に耽ってしまいます。1000年前の100年というスパンと、近代の100年のスパンはあきらかに時間の流れる速度が違うのでしょう。人類にとってはますます便利になりますが、地球にかける負担はますます大きくなってきているんでしょうね。
comments(0) | - | PAGE TOP↑
こんな家に住みたい
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

以前、買い付けでアメリカに行ったときのこと、ハワイアン・アンティークのディーラー宅におじゃましました。

カリフォルニアの某ビーチ・シティ、小高い丘の上にその家はありました。コアウッド調のソファはリプロダクションですが、ファブリックをハワイアン柄ではなく、あえて単色でまとめています。そうすることによって、他のハワイアン・アンティークが際立って見えてきます。カラッとした南カリフォルニアの風、燦々と降り注ぐ太陽、全てがうまい具合にこの空間作りの演出を手伝っているのでしょう。

いつかはこんな家に・・・欲望は尽きることがありませんね。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Trader Vic's
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

サンフランシスコが拠点の高級インターナショナル料理レストラン、『Trader Vic's(トレーダー・ヴィックス)』をご存知でしょうか。

1934年、Victor Bergeronがオークランドにトレーダー・ヴィックスの前身"Hinky Dinks"をオープンさせたのが始まり。現在、世界中に30近い店舗を展開させています。南国情緒溢れるポリネシアン調のインテリア&ディスプレイが大人な空間を演出しています。あの有名なカクテル「マイタイ」を発明したのも実はココなんです。

歴史が長く老舗なだけに、メニューやマグなどのハワイアナ収集アイテムも数多く放出しております。ハワイアナ・コレクターはこのレストランに行かないほうが良いでしょう。あまりの興奮に多量のドパミンが分泌され危険な状態に陥りますw
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
Hasegawa General Store
category: ヴィンテージ・ハワイな場所 | author: goodfun-japan

「ワイキキよりはるか遠いマウイ島にハナというそれはそれは天国のような場所があります。そこに行けばハセガワ・ジェネラルストアがあります。」という一説(直訳)から始まる1960年代のヒットソングがあります。

その歌にでてくるハワガワ・ジェネラルストア(1910年創業)がどうしても気になって、車で行ったことがあります。「ハナ」への道のりはそれはそれは大変。対向車が来ないことを祈りつつ必死の思いでハナにたどりつき、いざ念願のお店へ。歌ではなんでも揃う総合デパートみたいなイメージがありましたが、実物は田舎の雑貨屋さん・・・。ただ、物流が不便なハナでは一通りの生活必需品が揃うこのお店は、住民にとって唯一無二の存在だったんでしょうね。

異国の地、しかも辺境で一生懸命働いて、商売を始め、現代ハワイの礎となった日系人の方々には頭が下がる思いがしました。ぼくたち日本人が安心してハワイに観光できるのも、先人達のご苦労があったからなんでしょうね。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH